薄毛と食生活は猛烈に関係している

うす毛の原因に食生活が関係しているのをしっておられますか?ここ数年、日本人にうす毛が多くなっている原因にひとつには、食生活の欧米化があるのではないかといわれています。

数十年前までは、日本人の食生活は和食中心で、カロリーもそれほど高くなく栄養バランスも整っていましたが、今ではすっかり日本人の食生活もすっかり欧米化してしまっています。

毎日の食生活が欧米化してしまっている事で、今まではなかっ新たなことが起きているのです。そのひとつがうす毛の悩みを持つ方がふえたことです。

欧米化の食事とうす毛というのはとても関連がつよいのですがその理由がおわかりですか?それは、欧米の食生活というのは、口には美味しいんですが、おおまかカロリーが高い肉食中心の油っこい物が多いといわれていますね。ところが、脂っこい食べ物は食べすぎると血液がどろどろになってしまいます。

「うす毛メタボ」という言葉を聞いたことはありませんか?ところがそれは体だけではありません。頭皮にも脂っこい食べ物は影響しどろどろして固まった頭皮に、新しく髪の毛が生えるはずがありません。

ですから、食生活はとても大切で、悪ければうす毛の悩みにつながってしまうことになるのです。「食生活」といえば健康ことだと思っている人も多いかもしれませんが、食生活はうす毛の悩みにも直接関係しています。

うすげで悩んでいるという人は、まずは、食生活の見直しから入ってみるといいかもしれませんね。

病院での髪の毛の相談をしてみると?

薄毛の悩みを抱える人は結構多いですが、いざ、だれかに相談しようと思っても、薄毛に詳しい医者というのは少ないと思いませんか?薄毛は一般的に病気とは思われていないため、保険が適用されず、対象外であることも理由かもしれません。

最近はTVのCMの影響などもあり、「AGA」という言葉が広まっています。40代~50代に発生する壮年性脱毛症や、20代~30代に発生する若年性脱毛症を合わせて「 AGA(男性型脱毛症)」と呼ばれています。AGAというキーワードであれば、専門的なアドバイスや、さらには治療してくれる病院もあるので、インターネットを活用して情報収集してみると良いでしょう。

さらに、「総合頭髪治療」という選択肢もあります。男性ホルモンに影響を与えるAGAや、免疫異常によって起こる円形脱毛症、さらには、心因性・ストレス等による抜毛症など、症状に応じて、「皮膚科・内科・精神神経科・形成外科・婦人科」など各分野の専門医師が最新の技術を提供し、最も合った治療を提案・施術してくれます。

いずれにしろ、病院での治療を考えた場合、よく話を聞いてくれ、親身になって相談に応じてくれるところ、治療してくれる所を探すべきでしょう。

運動をすれば薄毛も解消?

うす毛でお悩みの人は、一度、自分の今の生活スタイルを見直してみてください。

最近運動をしていますか?うす毛でお悩みの多くの方が、普段から、あまり運動をしていない、と言われています。でも、やはり適度な運動は、わたしたちの体や健康にとてもいい影響を与えます。そして髪の毛にも大きな影響を与えることがわかっています。

ではどうしてうす毛の悩みを解消するのに運動がいいのかというと、簡単にいえば、血行が良くなりるからです。運動により血行が良くなると、それによって頭皮の血行も良くなり、発毛にもいい影響を与えるのです。

スポーツや適度な運動の後というのは、頭皮がやわらかくなっていますし、それは血行も良くなっているということではないでしょうか。こうした血行の良い状態が毎日続けば、頭皮も健康になりますし、新陳代謝もよくなり、うす毛の悩みの解消につながると考えられます。

それで、適度な運動を続けることは体にもいいですがうす毛対策にもメリットが大きいのです。頭皮の血行がよくなり、メリットが大きいのでうす毛に悩んでいる人はぜひ、毎日の生活の中で少しの運動を取り入れてみてはいかがでしょうか?

その時の注意点としまして、血行が良くなり頭皮に汗をかいた時は、すぐに汗を拭いておきましょう。そうすることで、汗をかいた部分から雑菌が繁殖することを防ぐ事ができます。清潔にして、発毛促進効果を逆に悪化させることのないように、注意しましょう。

うす毛の悩みは真剣!

うす毛で悩んでいる人は思いのほか多いようですが、実は、その悩んでいる人にとって、悩み自体がさらにうす毛を悪化させているということに気づいておられるでしょうか?

うす毛に悩んでいる人にとって、外出しても、人の視線を気にしてしまって、できるなら外には出たくないと思ったり、鏡で自分の姿を見るのも嫌だと感じている方多いと思います。

また毎日のシャンプーで、大量に髪の毛が抜けるのわ見て、ますます悩みが深刻になる人も多いと思います。このようにして、うす毛の悩みはさらにストレスに変化していきます。

そのストレスがさらにうす毛への負担を大きくしてしまっています。うす毛による精神的ストレスが自律神経のバランスを崩しますから、それによってうす毛が改善しないという悪循環になるのです。

それで、あまり自分も髪が少なくなっていることを悩み過ぎない様にすることが大切です。そのことばかり気にし過ぎてしまうと改善されなくなってしまいます。

現在日本人の成人男性で約30パーセントの人がうす毛に悩んでいるそうですから、自分だけじゃないんだ、結構沢山の人がうす毛に悩んでいるんだと思ってあまり深く悩み過ぎないことをお勧めします。

何でもそうですが思いつめてしまうと体に悪いですし、うす毛にとっても悪い影響を与えてしまいます。対処によってよくなってきますから、これからは紫外線への対処を考えたり、積極的にうす毛対策をしていかなければいけないのです。